図書館の沿革

沿革

明治21年7月  沼津尋常小学校附属「沼津文庫」を設立。
昭和27年5月  沼津市立図書室を沼津文庫の名称で、千本浜入口に設置。
昭和37年3月 駿河銀行会長・岡野喜太郎氏の寄付により、沼津市市場町に図書館の建設着工。
昭和37年10月 市立駿河図書館の名称で開館。(鉄筋コンクリート3階建て。延べ面積 1,251.34平方メートル)
昭和42年11月 県立沼津東高校の移転に伴い、同校の図書館を児童図書館に転用開館。
昭和43年7月 巡回文庫1号車を購入し、市内各地域への図書貸出しを実施。
昭和45年4月 沼津市立図書館協議会を設置。
昭和49年12月 巡回文庫2号車を購入。
昭和51年5月 地域婦人による家庭文庫が始まる。
昭和53年7月 駅北イシバシプラザ4階に、駿河図書館駅北分室を開設。
昭和54年7月 沼津市民文化センター建設に伴い児童図書館閉鎖。
昭和54年10月 図書館3階を一般資料室として開架書庫化、児童図書館は児童室として図書館2階に移設。
昭和57年4月 身体に障害のある方への図書郵送貸出開始。
平成元年5月 「沼津市新図書館建設基本構想」策定。
平成元年5月 新図書館建設地を、現在地に決定。
平成2年10月 新図書館建設工事着手。
平成4年4月 駅北分室を三枚橋杉崎町424番地の1に移転。
平成5年3月 新図書館全工事完了。
平成5年6月 新図書館竣工式(6月15日)
平成5年6月 駿河図書館閉館(6月30日)
平成5年7月 沼津市立図書館開館、一般公開・閲覧貸出業務開始(7月1日)
平成6年1月 市立図書館入館者100万人達成
平成6年7月 駅北分室閉館
平成8年8月 市立図書館入館者200万人達成
平成10年2月 インターネットのホームページ開設
平成10年5月 市立図書館入館者300万人達成
平成13年8月 市立図書館入館者500万人達成
平成15年4月 インターネットによる貸出予約受付開始
平成16年7月 県立中央図書館横断検索システム加入
平成17年2月 市立図書館入館者700万人達成
平成20年4月 モバイル版Webサイト開設
平成22年9月 市立図書館入館者1000万人達成